カツベンワールド:松田 春翠(2代目)

生年:大正14(1925)年
没年:昭和62(1987)年8月8日

日本を代表する活弁士のひとりで、マツダ映画社の初代社長。
現代の活弁における最重要人物と言っても過言では無いと思います。

松田 春翠は貴重な無声映画のフィルムを太平洋戦争の戦禍と戦後占領中の没収から守り抜き、国内はもとより遠く国外から発掘収集しました。
そして、7000巻に及ぶフィルムの保存・上映のために、マツダ映画社を創立。
現存する無声映画の多くが松田 春翠の貢献によるものです。

昭和34年から月に1回のペースで開催された無声映画鑑賞会は、春翠の死後もマツダ映画社の伝統として受け継がれています。

マツダ映画社のホームページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です