カツベンワールド:血煙高田馬場

①曾我祐成(そがすけなり)と時致(ときむね)兄弟が、父親の敵・工藤祐経(くどうすけつね)を討った曾我兄弟の仇討ち

②渡辺数馬(わたなべかずま)と荒木又右衛門(あらきまたえもん)が数馬の弟の仇、河合又五郎(かわいまたごろう)を伊賀上野鍵屋の辻で討った伊賀越えの仇討ち

③赤穂藩(あこうはん)の家臣47人が主人の浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)の仇、吉良上野介(きらこうずけのすけ)を討った赤穂浪士の討ち入り

を日本三大仇討ちといい、血煙高田馬場は忠臣蔵のタイトルで有名な赤穂浪士の討ち入りの義士外伝のひとつ。講談や浪曲でも人気がある演目です。

主人公の中山 安兵衛は高田馬場の仇討ちを果たした後、堀部家に婿入りして堀部 安兵衛となります。
忠臣蔵では一晩で200畳の畳替えをするシーンでの活躍が有名です。

動画は昭和3年3月に封切された作品で、監督は伊藤 大輔、主演は大河内 傳次郎(おおこうちでんじろう)。
「アジャパー」で一世を風靡したコメディアンの伴 淳三郎も脇役として登場しています。

余談ですが、声優・俳優・アナウンサー等の養成所で発声練習や滑舌練習として使われている「外郎売(ういろううり)」は曾我兄弟の仇討ちを題材にした歌舞伎の演目なので、本作とは日本三大仇討ちつながりの作品と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です